2024/7/7 日記「揺り戻し」

・今日は昼頃目覚めたんだけど気持ちの上でもっと寝たかったのに寝れずだった。

そんなこんなでペルソナ3リロード起動してあれこれしてた。

マガツイザナギが作れた。結構悪くない(実戦不使用)

ガンダム00でお馴染みのソロネ(スローネ)。こういう引用とか共通の元ネタに気がつくのも年の功って感じだよな。

誰もいない公園。寂しい。

早瀬。いいやつ。えらい。昔は早瀬みたいに現実に自分を縛られてるやつを見るともっと解き放たれてその鬱憤を世の中に撒き散らしても良い!と思ってたけど、今自分が生身の部分に縛られてることを思うとその中で1番偉い選択肢を選んでて共感が強かった。これも年の功。

 

9月末の月ボスがもうじき。で、倒して寝ようと思ったけどそれまでに一週間あったからやめとくやつ。

 

キン肉マンGo Fight!スペシャルムービー/歌:キン肉マン(CV:宮野真守)

https://youtu.be/whOWsuBAjBE?si=sjw77soCHIdmR_EP

@YouTubeより

 

・今日はアニメキン肉マン完璧超人始祖編の0話があったから見てた。ありがたいね…めちゃくちゃおもろかったしおもろそうで楽しみ。

フォロワーさんがCV.宮野真守キン肉マン Go Fight!が聴けるんだから生きてるといいことあるって言っててめちゃくちゃ納得してた。

 

・深夜だしなるべく変にならないようにいうけど、自分が生まれついて生きてきて自分のあらゆる事への対応と真理として作ったやましいことをしないとか悪いことしないって考え方の“物差し”が、自分を縛りすぎてるんじゃないかと最近思うようになってる。

まあ悪いことをしないとか人に迷惑かけないようにするなんてのは当たり前の話だけど、なんというかそれが転じて「こういう悪い点があるから自分は救われる権利がない」と無意識に、しかも常々思ってることに気がついて、でもそれを曲げるってのは今まで生きてきた信条そのものの否定になるのではという恐れにも繋がってて、今自分を蝕んでる問題点そのものに気が付いたとしてどう対応すべきかわからんって気持ちになってるわけ。

自縄自縛とはこのことだな。

しかし、今はるか昔に全く違う価値観でプレイしたペルソナ3とか、キン肉マンの新アニメを見てて、当時の気持ちと違う“けどいい”ということに気が付かされる時に、きっと自分を縛ってる戒めから解かれる瞬間があるのではないかと期待している。

Twitterの受け売りだけど人間自分で自分を許すってかなり難しいけどなんとかなることを期待しよう。そんなシーンがペルソナ3にもキン肉マンにもあるし。年の功で自分もよくしていきたい…。

 

ねる

 

2024/7/4 日記「無寄りの無」

・1日ペルソナ3してたら終わった。イベント詰め詰めで時間があっという間の日もあればこういう緩い日もあるのはペルソナ3も人生も同じだな(コミュだけの日はあっという間)

2024/7/2 日記「まあまあよりのそこそこ」

・HUSTLE MUSCLE。時々聴くけどいいよね。

 

・今日も今日とてストレージ漁り。使うか使わないかわからないけどとりあえずレリーフ出しありがたくいただく。

 

・明日もしんどめの勤務のためスギ薬局で買い物したら噂のクリアファイル残っててもらった。1個目開けた時ブロvsクラッシュでありがたすぎた。

 

寝るか…

2024/6/28 日記「盛りだくさん」

機動戦士ガンダムSEED FREEDOM

https://www.amazon.co.jp/gp/video/detail/B0CWDLCSR5/ref=atv_dp_share_cu_r

 

・今日は何だか妙な日で元気はほぼ無く一週間の疲れに襲われてた。そんな日だからこそ!好きな映画を見る!と思って機動戦士ガンダムSEED FREEDOM見てた。デスティニーガンダム最強!!!!!

 

黄龍の村

https://www.amazon.co.jp/gp/video/detail/B09QGNTSTC/ref=atv_dp_share_cu_r

・その後ずーっと気になってた黄龍の村見た。僕は好き…!

 

・今日は人生の疲れとか悩みとかドブカスな日記にしかけてたからそういう日は知ってる面白い映画と知らないおもろそうな映画を見て自らを諌めるのが良かろう。どっちもおすすめだぜ…!

・これはどんどん氷がインフレしてデカくなるのに従って容器もデカくなるインフレーション理論。今も水冷やしてる。氷。

 

・コンビニで夏の予定を入れよう!っていってたけど何だか予定というやつはその時の元気度が保証されてなかったり今誰かに声かけようみたいなのの体力を渋ってたりしてどちらの場合でも元気の総量が足りてなさすぎるのではと思いがち。うーん。

 

・寝ないけどこんなもんで。じゃあ

2024/6/27 日記「12人の怒れる男をみた」

・今日はまあまあの日だった。まあまあ悪い。起きた瞬間からなんか風邪の引き始め感がしてて職場ではずーっと龍角散舐めてた。

 

https://www.amazon.co.jp/%E5%8D%81%E4%BA%8C%E4%BA%BA%E3%81%AE%E6%80%92%E3%82%8C%E3%82%8B%E7%94%B7-%E3%83%98%E3%83%B3%E3%83%AA%E3%83%BC%E3%83%BB%E3%83%95%E3%82%A9%E3%83%B3%E3%83%80/dp/B09P9HBGNM

 

・なんかもう直ぐにアマプラで「12人の怒れる男」が見れなくなると聞いて観てた。やっぱり面白い。自分は脚本に力がある映画を評価しがちで、それがたとえめちゃくちゃであっても役者さんと監督の間でだけでも相互理解がなされててそれをみていてわかるようなのが好き。

 

アサイラム配給の「モスマン」って映画を見てた時に、若いモブのねーちゃんたちは何を撮ってるか全くわかってなかったけど、主演の男の人と監督だけは完全に理解してて、それが低予算なりに力のあるシーンへの説得力になっててこう言う映画は仮に面白くなくても良い映画であるという基準が自分の中にある。でも人々に勧めはしない。

 

そう言った点ではCASSHERNはほぼ作りとしては中学生の妄想した悲惨な戦争を描いたハリボテ映画になりかねないのに、主人公も含めてかなりのキャストの人たちがなぜか作品のテーマ性やシナリオを十全に理解してるおかげで演出的な画の強さにキャラクター側の説得力が合わさって変な味になってるのが良い。ただそれの全てを視聴者たちに伝えられたかは不明…。

 

・身持ちを崩してから1年ちょい経つけど最近気力が低いなりに色々娯楽であったり出かける用事であったり入れる余裕が生まれつつあるのは良いことなのかもしれない。

人々氏〜飯行こ〜